忍者ブログ

もう後がない、とは思わない

不妊治療中の身の上を、自己を顧みるため、および、黒い気持ちを整理するため…とかなんとかいいながら、たぶん日常的なくだらぬこともつらつら書いていこうと試みる次第

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
こんな記事を見つけた。

「『お医者さんじゃないけど不妊治療の心強い味方』ってどんな人?」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140724-00010001-mocosuku-hlth

この記事に出てくる「お医者さん」以外の方たちは

不妊カウンセラー
生殖・不妊心理カウンセラー
体外受精コーディネーター
胚培養士
臨床エンブリオロジスト

という肩書。

後半2つに関しては体外受精でお世話になるタイプの方なので
一応、私の場合は「まだ」接点はない。
体外受精コーディネーターの場合は、「体外受精」と言いつつ、
今後の治療方針の相談などに乗ってくれる方らしいので、
一般的な不妊治療における強い味方ではあるのだろう。

私が気になるのは上2つ、カウンセラーと名のつく方々。

私はカウンセリングというのを受けたことはない。
それは不妊に限った話ではなく、ということで。
近いもの…と言えば、昔働いていた職場で「残業時間が多すぎる」という理由で
産業医と面談をしたことが思い出されるが、
自分にとって有意義な時間だった、とは思えなかった。
会社が「行け」というから渋々…みたいな感じで。
産業医の先生のネクタイの柄が歌舞伎役者の絵柄だったことくらいしか覚えてない(笑)

自己分析するに、私はプライドが高く、えぇかっこしいなので、
あまり人に弱みを見せられないタイプだ。
ちょっとした言い間違いや勘違いとかも指摘されるとものすごい恥ずかしい。

自分の悩みや問題点をつまびらかに話すことにより
それに対するアドバイスをもらえることは素晴らしいことだと思う。
わかってはいるが、
きっと私はカウンセラーにすべてをはき出すことはできないだろう、と踏んでいる。
そもそも「すべて」ということが間違いなのだろうか。
「すべて」じゃなくても
「ちょっとしたことなんですけどねー…」位のことを伝えたら
自分の中のモヤモヤの一部が、少しでも解消される物なのだろうか。

不妊に関するモヤモヤは、きっと似たようなものを誰しも抱えているはず。

親からのプレッシャー
友人に先を越された時の焦燥感
周囲の親子連れへの羨望のまなざし
夫の無理解へのいら立ち
年齢を重ねることへの恐怖
孤独感 等等
(上記はあくまで一般的にありそうな例。)

それに対して

「みんなそうなんですよ」
「焦ってはいけませんよ」
「常に笑顔でいなさい」

とかそういうことを言われたら、
モヤモヤは晴れるどころか、一層曇りそうな気がするんだが、どうだろう。
上記の、私の貧困な想像力を超える、
素晴らしい助言を、カウンセラーの方はしてくれるのだろうか…。

とかそういう穿った姿勢で物事を捉えがちなので、
ますます、カウンセラーからは距離を置いてしまう私。
夫にもよく話すのが
「宗教にハマれる人は幸せだ。信じる者があるというのはすばらしいことだ」
ということ。
傍から見て、かなり怪しげな新興宗教であったとしても、
その本人はものすごく安心で幸せなんだろうなぁ、と思うのだ。

逆に言うと、私みたいな人間が
「これはすごい!」
と認めてしまえば、却って「ド」ハマりしかねないから危険でもあるのだけれど…。

カウンセラーと戦う訳ではないし、端から疑ってかかるのもどうかと思うので、
もし、機会があれば、どんな感じなのかなぁ、位は知りたい気もする。
医師もそうだが、カウンセラーとも信頼関係が問題なんだろう。
「この人であれば!」
という人に出会えれば、私も色々、話してしまうかもしれない。
ただ、今のところ、わたしが体外受精を検討している病院に関しては
不妊カウンセラーという肩書の方は、ホームページを見た限りではいらっしゃらないようだ。

いずれにしても、
カウンセラーの方の存在が、自身の不妊治療の支えになっているという方がいるのも事実。
そういう信頼関係が築けるのは羨ましい限り、とも思う。
そういう方たちを味方につけて邁進する方が、
たった一人で不妊治療に挑んでいます、というより、確かに頼もしい気がする。

拍手[1回]

PR
entry_bottom_w.png
この記事にコメントする
お名前 
タイトル 
メールアドレス 
URL 
コメント 
パスワード 
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
Y
性別:
女性
自己紹介:
1979年(昭和54年)生まれ
B型
東京都
家族:夫(4つ上)
仕事:なし・たまに家業手伝い
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ランキング参加中
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
本棚
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
忍者カウンター
plugin_bottom_w.png
Copyright もう後がない、とは思わない by Y All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]