忍者ブログ

もう後がない、とは思わない

不妊治療中の身の上を、自己を顧みるため、および、黒い気持ちを整理するため…とかなんとかいいながら、たぶん日常的なくだらぬこともつらつら書いていこうと試みる次第

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
先日、友人の結婚式へ出席。

8ヶ月になったという大きなおなか。
男の子だそうだ。
縁起物なので撫でさせてもらった。

一緒に列席した友人と久々に長らく語らう。

友人も今は子供がいない。
3月に会った時に、
「うちもがんばってみようかと思って…。」
と話していた。
ちなみに、私が不妊治療をしているのも知っている。
かつ、前職の友人だが、その中でも一番付き合いが長い。

二人で飲みながら、子供の話になった際、
彼女から急に目を潤ませてしまったので、
こっちもついビックリして一緒に涙ぐんでしまった。
話したいことの想像がついたからかもしれない。
彼女も家族や友人の絡みで色々思うところあり、
黒い気持ちを抱えて苦しむこともあるみたいだ。
それでも彼女は
「でもあなたに子供ができたら心からおめでとうって思うよ!」
と言ってくれた。

私は、その日、彼女に会うまでは
「彼女にも赤ちゃんができてるかも…。」
とドキドキしていた。
ところが、彼女の状況は反対だった。
私は心から恥ずかしくなった。
自分の浅ましさとか、小ささに。

私は今後、彼女が妊娠したら、
本当に心からお祝いしようと強く思った。
本当に。

これまで、身近に自分の気持ちと近い人がいなかったから
改めて
「私だけじゃなかったんだなぁ」
と実感した。
当然と言えば当然だけど。
どちらかと言えば、周りは子持ちか独身かと二極化していて
自分みたいな人がいなかったから、
気持ちを分かち合えるってすごいんだなぁと思った。

いつかはどちらかが子供ができたり、
もしくは残念ながら諦めたりという何らかの結果が出るのだけれど
彼女とはこれからも長らく仲良くできたらいいなと思う。
応援しあえる。
そう思う。

拍手[8回]

PR
entry_bottom_w.png
この記事にコメントする
お名前 
タイトル 
メールアドレス 
URL 
コメント 
パスワード 
entry_top_w.png
無題
誰しも自分が欲しいものを持っていたり、自分より幸せそうな人の幸せは願えないものです。
自分より下か、同じひとの幸せは願えるのに不思議ですね。

わかります 2014/07/29(Tue)08:09:10 編集
entry_bottom_w.png
Re:無題
コメントありがとうございます。
ある人が自分より上か下か、というのは表だって言うことではないですけど、
誰の中にもある種の基準みたいなのは必ずあるものですね。
応援や支援というのは、自分が安全圏みたいな所にいて初めて発生するものかな、なんて思ったりします。
童話の「幸福の王子」みたいに自分の身を削ってまで、他人のことを考えられませんから。
人の幸せを願う、というのもそういうものなのでしょうかね。
ただ、自分より上の人の不幸を願ったりはしないですから、自分がその上の人達に追い付きたいという気持ちの表れかな、とも思いました。
【2014/07/29 14:30】
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
Y
性別:
女性
自己紹介:
1979年(昭和54年)生まれ
B型
東京都
家族:夫(4つ上)
仕事:なし・たまに家業手伝い
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ランキング参加中
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
本棚
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
忍者カウンター
plugin_bottom_w.png
Copyright もう後がない、とは思わない by Y All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]