忍者ブログ

もう後がない、とは思わない

不妊治療中の身の上を、自己を顧みるため、および、黒い気持ちを整理するため…とかなんとかいいながら、たぶん日常的なくだらぬこともつらつら書いていこうと試みる次第

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
少し前の話から。

8日の土曜日に採卵することが決定し、
その前日に鍼灸院へ行った。
卵が取れなかったり、受精しなかったりしたら
半年ほど通った鍼灸院の先生方ともお別れかもしれない。
そんな感傷に浸りつつも、口には出さずにおく。
家では自己暗示をかけるために
下腹部をさすりながら
「いい卵…いい卵…」
と念仏のように唱えたりしていた。

そして、採卵。

卵胞は二つ育っており、ホルモン値もいい感じだったので
鍼灸の先生は「五個くらいとれんじゃないの?」とおっしゃってたが
「さすがにそれはなかろう…」と心中で苦笑する。
しかしながら、卵胞二つだから、二つ取れたらいいな…と思っていたら
ふたを開けてみたら、結局とれた卵はこれまでと同様に一つだけであった。
採卵の痛みに耐えつつ、エコー画面を見つめ
卵胞がしゅぅぅぅぅと小さくなっていく様子を確認する。
そして、胸元に添えられた看護師さんの手の温もりを感じると
なんだかこれまた
「もうこれは最後なのだなぁ…」と感傷的になる。
病院を出て、夫とデパ地下で買い物をして帰宅した。
家では妙にすがすがしい気分で採卵室での様子を思い出しながら
「まぁ…なかなかできないことだし、いい経験だったよ」
と笑った。

翌日KLCに連絡を入れたところ、問題なく受精したとのこと。
次回は15日に凍結確認の連絡を入れるように指示されて終了。
それから15日までは特に意識せず、ただのんびり過ごしていた。
それでも「がんばった、サボらなかったという証明」という思いから
引き続き、踏み台昇降をしたり、スクワットをしたり等
運動して下半身強化に取り組んだりはしていた。
心の片隅に「これで終わってしまったら意味のない運動かもしれない」という
そんなネガティブなことも浮かんでは消え、浮かんでは消え…。

そして15日。
朝起きた瞬間から、胃がきゅぅっとするような憂鬱な感情が沸いた。
どうしたって心配だ。
別のことをしていたって、気持ちが落ち着かない。
いざ、連絡をしようとスマホを持つも、重たく感じる。
「そうはいっても、もう結果は出てる訳だし」
夫は言う。
大きく息を吐いて、えいやっと気合を入れて連絡した。

「胚盤胞まで育ちましたので凍結できました」

その後、次回の来院日についての確認等があり、電話を切った。
安堵のあまり、号泣した。
「まだ涙はとっておかないと」と夫は言う。
それはそうなんだが、これまで乗り越えられなかった壁を一つ
ようやっと超えることができて、
かつ、鍼灸や毎日のお灸、運動等の頑張りが報われたと思って
感極まってしまったのであった。

当然、これがゴールではない。

今度は着床させる、という新たな壁がある。
引き続き、努力を続けるしかない。
それでも今は胚盤胞まで育った喜びが大きい。
KLCで胚盤胞まで育たないのは卵子のDNA異常がほとんどであると聞いた。
これまでとは違う、ちゃんとした卵子ができたこと、
そして、特に問題がなければ、お腹に戻すことができるであろうこと、
最後の体外受精にして、達成感を持って終わることができそうで
本当によかったと思う。

終わりまで、あと少し。

拍手[6回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
KLC通ってます。

リアルタイムでブログにはあげていないですが…。
早めに排卵するかもね、と言われて日曜日に行ってきたが

「まだですね」

ということで、採卵日決まらず。
予定がたてられなーい…。
ひとまず、次の通院で採卵日が決まるはずなので
その前に鍼灸院に行っておこうと思って前日に予約を取った。

先ほど友人からランチのお誘いが来たが
この後どうなるかわからないので返事は保留。
申し訳ないけど、致し方ない。

八月末には別件の予定も入っているのだが

ここ数日中に採卵
 ↓
受精確認
 ↓
凍結確認
 ↓
次周期移植

という流れになる予定なので
八月末には何の問題もなくのんびりできている予定(しつこいようだが予定…)。

久しぶりにKLCに行くと、
不妊治療をしている人の多さを改めて実感させられる。
先日、夫も「不妊治療をしている人って本当に多いね」と
しみじみ言っていたが、
KLCだけであんだけたくさんの人がいるのに
全国津々浦々たくさんのクリニックにも通っている人がいると思うと
不妊治療している人、全員が妊娠して出産したら
日本の出生率が爆上げされるんじゃないかとすら思えてくる。

ほんとうに、そうなったらいいのに。

泣いても喚いても
はたまた、清水の舞台から飛び降りても
そうはならないとわかっているけど
そんなに難しいお願いをしている訳じゃないのに
どうして神様は叶えてくれないのだろう。
都合のいい時ばかり神様にお願いをするからだろうか。

みんな、がんばっているのにね。

拍手[6回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
先日生理が来たのでKLCに行ってきた。

結論から言うと、
今回もやはり胚盤胞移植を目指すことになった。

前回の日記で書いていた通り、
KLCの医師に真っ向から否定されたのだった。
初めて診ていただく男性の先生で比較的若そうな印象ではあった。
悪い先生ではないんだろうけど
忙しさもあって結構まくしたてるように話す先生で
新鮮胚ではなく胚盤胞!ということを
説得と言うか説教されたみたいになってしまった…。
向こうはお仕事で、プロフェッショナルで、
真摯に向き合ってくださった結果のお言葉だというのはわかっているが
怒られたみたいで涙目になってしまった。

「正直あなたが45歳とか46歳であれば
 どちらでも妊娠する可能性は低いので
 お好きにどうぞとなりますが
 あなたは36歳です。
 まだいい卵が取れる可能性はあるんです!」

そんな風に言われて(ほかにも色々言われたが)
頑なに「いいや、それでも新鮮胚を!」ということは言えず
先生の、というかKLCの治療方針に従うことにした。

ちょっぴり凹んで家に帰って
夫に事の顛末を話し、ちょっとすっきりして
一人になって、色々思い起こす。

要するに「信用しろ」ってことなのか、と。

不妊治療を始めて数年経った。
まだまだ認識不足なことはたくさんあるし
だからこそ病院に足を運ぶわけだけれども…。
過去これまで3回KLCで採卵し、1回移植したが、
今回初めて、KLCという病院を選んだことの重大さというか
貴重さに気が付いたような気がした。

今更かよ。

そうやって自嘲気味につぶやいてみる。
でも、より一層頑張る理由ができた。

がんばります。

拍手[3回]

entry_bottom_w.png
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
Y
性別:
女性
自己紹介:
1979年(昭和54年)生まれ
B型
東京都
家族:夫(4つ上)
仕事:なし・たまに家業手伝い
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ランキング参加中
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
本棚
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
忍者カウンター
plugin_bottom_w.png
Copyright もう後がない、とは思わない by Y All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]