忍者ブログ

もう後がない、とは思わない

不妊治療中の身の上を、自己を顧みるため、および、黒い気持ちを整理するため…とかなんとかいいながら、たぶん日常的なくだらぬこともつらつら書いていこうと試みる次第

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
本日は伊藤病院へ。
到着して受付したのは6時59分。
例によって1時間以上待ってから採血開始。

前回、チラーヂンがなくなって、
しばらく服用しないまま病院にいったら
甲状腺刺激ホルモン(TSH)の値が高くなってしまったのだが
今回はきちんと(というか当たり前なんだが)
薬がなくなる前に行ったので、数値は下がってた。
ということで、チラーヂンの服用量が減った。
これまでは50μgと25μgの2錠を服用したいたのだが、
25→12.5μgに変わって、
合計62.5μgの服用になった(細かい)

これで次、生理が来たら、
加藤さん復活できるはず…。
夫がフレッシュに拘るので、夫のスケジュール次第だが
どうなる事やら…。

伊藤病院に関しては、これも例によって
「心拍確認できたら、もしくは3カ月後に来てください」
とのこと。
ここの先生ともう一度会う機会があるといいのだが。

今日は都内も猛暑日となったようだが
体温調整が難しい。
暑すぎて汗をかきたくはないが
冷やしすぎは妊活にはNGだし。
伊藤病院はエアコンが効いてて
肌寒かったから途中ストールを巻いてた。
出がけに「一応持っていくか」程度だったので
本当に持って行ってよかった。
電車も、駅のホームで待っている分には暑くて暑くて
早く涼しい電車の中に入りたいと思うのだけれども
落ち着いて汗が乾いてしまうとちょっとした冷蔵庫状態になる。

これからの季節はストールが手放せない感じだな…。

拍手[2回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
タイトル通りなんですが
文字通り、背筋を伸ばして生活しております。

鍼灸院に通い出してから、
そこまで意識していなかった「姿勢の悪さ」というものに
悪戦苦闘している。

どうやら首がものすごく固いらしい。

「らしい」と他人事のように言うのは
私にはあまり自覚症状がないからなのだ。
首が凝って痛いとか重いとか、そういうのがないので

「めちゃくちゃ固いです」

と言われて

「え?そうなの?」

という状態。
ここ数か月、毎度毎度、首の固さを指摘される。
首の筋が常に緊張している状態とも言われた。

そんな訳で、地道にできることからシリーズ(?)で
猫背を直そう、とがんばっている。
がんばっている…とは言っても、はた目から見る分には
がんばっている様子と言うのはわかりづらいと思われる…。

これまで自然にと言うか、普通にしている分には
肩が少し前に出て、顎も前に突き出してしまい、
横から見た時に、耳が肩よりも前にある、という状態。
それを耳が肩とそろう感じに背筋を伸ばす…という風に改善をしたいのだ。

↓こんな感じに。


一応、念のため、言うが耳から血を流している訳ではない。
耳の位置をわかりやすく見せるためのラインである。

ともかく、「良」の姿勢をキープできるよう、地道な努力。

首は女性ホルモンを促すための脳からの指令が通る道筋。
子宮をふっくらさせるために
首を何とかしなければならない…という次第なのだ。

そんな訳で、今も背筋を伸ばしてパソコンに向かっている。

気を抜くと猫背になる…。
気を付けなければ…。

拍手[3回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
先日、伊藤病院へ行ってきた。
なんだか眠りが浅くて目覚まし時計よりも早く起きてしまったため
7時前には現地に到着してしまった。
8時から採血開始なので、1時間以上、ぼんやりと待った。

採血の結果、甲状腺ホルモンの数値が上昇…。
やはりちゃんと薬を飲んでいないと如実に表れるのね…。

不妊治療の状況を聞かれる。
「今はお休みしてます」
「次はいつ治療をする予定ですか?」
「…2カ月後位を目途に」
話した内容が目の前で電子カルテに入力されてゆく。
「じゃあまた治療を再開する1週間前に来てください」
「1週間前?」
「数値が上がってしまったので、一応様子を見ましょう。
 薬は3か月分出しておきますので、飲んでください」
というやり取りをして終了。

なんだか、先生に申し訳ない気持ちで病院を出た。
きちんと通院して薬を飲まないとダメね…と自己嫌悪。
お休み中だし、行くか行かないか悩んでたけど、
こういう数値に関しては継続的に治療していかないとダメだね…と反省。

鍼灸院に通ってしばらく経ったし、
何かいい影響が出てるんじゃない?とか
何の根拠もなく思ってたけど、
西洋医学・東洋医学の両方を頑張らないとダメだと悟った日であった。

所で、ストレッチをしている日々でもあるが、
身体が硬くて、前屈で床に手がまったく付かなかったのが
少しだけど付くようになった。
数値以外のこういう目に見える成果はモチベーションアップにつながる。
目標はぺったりとつくこと。

拍手[2回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
久々の更新。
記録だけでも残しておこうと思う。

先週から鍼灸院に通い始めた。
本日2回目だったが、今後も通うかどうかはちょっと検討中だが
色々な気づきを与えてもらう。
西洋医学的には教えてもらわなかった所がたくさん。

家では教えてもらったツボにお灸をし、
腹筋やスクワットをして下半身強化中。
また、乾燥も女性ホルモンにはよくないとのことなので
肌ケアに気を付けたいと思う。

色々しょげることはあるけれど、
まだ頑張れています。

拍手[4回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
本日、3回目の助成金申請の書類を郵便局まで出しに行ってきた。
そして、2回目の助成金が口座に振り込まれているのも確認。
これで最後の採卵に臨むことができそうだ。
今、胸が張って痛いので
あと数日中には生理が来るかなぁ…という所。

妊活というカテゴリでいくつか日記を書いているが、
我ながら熱しやすく冷めやすい所もあり
その効果のほどが疑わしいのだけれども、
「効果があったよ!」と書くのには
妊娠と言う結果が伴わないことには、おかしな話なんだと思う。

それでも、先日書いた踏み台昇降に関して言えば
ただ歩いているだけとは違う効果を体に感じている。
実際にやり始めるといい感じに汗ばむし
終わった後の太もものプルプルした感じが
昔、体育の授業でスクワットをさせられた時のものに近い。

いかに自分が運動不足だったのかがわかる。

子供のころから体育が苦手で、クラブ活動も文化部や帰宅部。
「運動不足じゃない自分」っていうのに出会ったことがない。
立ち仕事だったり、広いフロアを行ったり来たりする仕事を
していたりしたこともあるが
基本的にはデスクワークなので足はむくんでいたし
貧血で顔が青白かったりで、どう考えても不健康な日々。
それでも風邪とかはあんまりひかなかったので
基本的な体力はそこそこだったものと思われる。

これからもっと年齢を重ねると
運動不足が原因で深刻な怪我や病気を引き起こさないとも限らないし
安上がりな踏み台昇降だけでも続けられるようにしよう。

拍手[4回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
夫とよく延々と歩いているのは
以前からブログにもちょいちょい書いていることだけども
よくよく考えると

「汗かいてないなぁ」

と思った。
ブログ村で他の方のブログを読んでそう思ったのだ。
そのブログ主さんが妊活経験者の友人に相談した時に
一週間に一回は汗をかくようにと鍼灸の先生に言われた、という
エピソードがありまして、
なるほどなぁ、と思い至った次第。

手っ取り早くスポーツクラブとかサウナとかに行かれればいいんだけど
なるべくお金をかけずにやれたらいいなぁと思い
「汗をかく運動」でレッツ検索。

すると「踏み台昇降」が出てきた。

いらない雑誌をぐるぐるガムテープで留めて動かないようにして
踏み台のできあがり!
というお手軽なものも心惹かれた。

ちょうど我が家には、某通販会社のカタログやら
ケーブルテレビの毎月の番組表やら
捨てそびれた雑誌類があった。
(捨てそびれている時点で、どうかと思うが…)
今、軽く積み上げてみたら、なかなかいい感じのものが作れそうだ。

特にベル●ゾンのカタログがかなりいいぞ。

テレビとかDVDを見ながらやれる、というのも
ものぐさな自分にいいかも…なんて思ったり。
ちょっといつまで続くかわからないけど(←え?)
長距離を歩くのは問題はなくても
階段の上り下りはちょっとしんどかったりする今日この頃なので
足の筋力もついて、代謝が上がったりしてくれるといいなぁ…。

最悪、このまま子供ができなくても健康に年を経ていくことができたらいいな。

拍手[2回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
久しぶりのタイミング周期ということで、
なんだかちょっと新鮮である。
とは言っても、

「いざ!今日!」

っていうのはお互い気負ってしまってしんどいので
数を打つことにした。
特に夫に相談したわけではないけれども…。

体外受精で採卵を行うとなると
なんとなく二人の生活にも制限ができるというか
実際、採卵後はしばらくはできない訳で、
今月はそういった縛りがないので
ちょっとノビノビとできればいいなぁと思っている。

そういえば、今、我が家では朝の連続テレビ小説「マッサン」を見ている。

今週は涙なしには見られなかったなぁ…。
ネタバレになってしまうのですが、
元々、その「マッサン」のモデルとなっている
竹鶴政孝・リタ夫婦のことは知っていたので、
今週のエリーの流産については事前にわかっていた。
(実際の流産のプロセスが史実通りかどうかは不明だが…)
からこそ、子供ができたよ、と浮かれに浮かれている二人(とその周囲)が
切なく見えて仕方なかった。
なおかつ、エリーは貧血で、今後、再度妊娠したとしても
無事には済まないかも…みたいなことになってまた号泣…。

夫はそれを見てて
「この悲しいエピソードは必要だったのか?」
と言っていた。
史実と照らし合わせても、今後の流れ上、必要だったんだろうけど
本当にねぇ……。
ドラマの中とは言え、悲しいことは避けて通りたいよねぇ…。

子供ができたとしても、残念な結果になる可能性はある訳で、
これから年齢が上がるに従って、その確率も上がる訳だし、
そういったことも覚悟したうえでの妊活なんだよなぁ…と、
今更過ぎるけど、改めて実感した次第。

妊娠はゴールじゃないね。

拍手[4回]

entry_bottom_w.png
  HOME   次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
Y
性別:
女性
自己紹介:
1979年(昭和54年)生まれ
B型
東京都
家族:夫(4つ上)
仕事:なし・たまに家業手伝い
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ランキング参加中
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
本棚
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
忍者カウンター
plugin_bottom_w.png
Copyright もう後がない、とは思わない by Y All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]