忍者ブログ

もう後がない、とは思わない

不妊治療中の身の上を、自己を顧みるため、および、黒い気持ちを整理するため…とかなんとかいいながら、たぶん日常的なくだらぬこともつらつら書いていこうと試みる次第

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
来月に治療を再開するかどうか夫と話した結果、
ちょうど排卵日にあたるタイミングで
夫が遠方へ行く予定があるため、先送りになった。
もし来月治療を再開するのであれば、
そろそろ伊藤病院へ行かねばならないところだったが
ひとまず、また来月も鍼灸とタイミングで頑張る予定。

前回の日記に書いたトキソプラズマ陽性の友人(仮名Pちゃん)について
あれからも時々思い巡らせている。

ちょっと前にネットで話題になっていた
「脳内マツコ」
という考え方を取り入れ
「脳内Pちゃん」
を採用した。
※「脳内マツコ」とは?と言う方はこちらへ↓
http://matome.naver.jp/odai/2142226889917785201

どうしてもくよくよしがちな時に
前向きで朗らかなPちゃんならばこういう風に考えるだろうな、という
勝手な妄想から、前向きに生きて行こうという手段である。

黒い気持ちにとりつかれて
ぐちぐちと言い訳がましく
何もやる気が起きない、
そんな時を少しでも減らせるように
がんばりたい。

精神的にタフにならねば。

もちろん、下半身を鍛えて、肉体的にもタフにならねば。

拍手[1回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png

少し前にFacebookで妊娠したと書いていた友人が6か月に入ったそうだ。

妊活や不妊治療をしてて
「妊娠ってゴールじゃないんだよなぁ…」
と思い知らされる事態がその友人夫婦には起きている。

トキソプラズマ陽性。

何度か精密検査を行ったが経過は思わしくなく
出産予定日まで毎日抗生物質を飲み続けることが決まったらしい。
私はトキソプラズマについては漠然とした知識しかなく、
「妊娠中は生ものには気を付けないとなぁ…」位に思っていたが
彼女の近況報告を見て、色々検索してみた。
母子感染すると胎児への影響は大きく
流産・死産・脳や眼への障害などがあるとのこと。
※詳しくは下記↓のリンク先をご参照ください
http://toxo-cmv.org/index.html

トキソプラズマの恐ろしさもさることながら、
私は友人の強さに心を打たれている。
常に笑顔で前向きなのである。
妊娠前からものすごい明るく朗らかな人だと思っていたが
今もそれは変わらないのだ。
当然、色々思い悩むことはあるだろうが、

「赤ちゃんもお母さんが笑顔のほうがいいに決まっているから」

経過の報告は、未来の自分への記録のためと、
 これからの妊婦さんやその家族に向けたメッセージ」

「最初に妊娠分かった時の嬉しかった気持ちを忘れず楽しく過ごす」

等のものすごい強い気持ちにこちらの涙腺が緩む…。

順調なマタニティライフは得難いもので
健康な赤ちゃんはもっと得難いものであることが
つくづく思い知った。

生ハムとかサラミとかローストビーフとか猫カフェとか
大好きだったものたちよ、さようなら…。
私も抗体があるかチェックしなくては…。
今更かもしれないけど…。
風疹とかは自治体で妊娠希望の人へは助成があったりするし
KLCなどでは風疹検査結果を提出を求められるから
「あ、やらなきゃいけないんだ」
って遅くともそこで知ることができるけど、
トキソプラズマ検査は妊娠後でいいのか?

よくないよなぁ…。

まだ妊娠してないけど、不安が横切ってしまう私。
先達である友人の赤ちゃんの健康を願う夜です。

拍手[3回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
夫が知り合いから
「9月に一緒に海外に行きましょう」
とお誘いを受けたらしい。
その知人は私も顔と名前は知っていて、
お互いに夫婦で食事に行ったことがある程度。

その方がその海外に詳しいのと、
私たち夫婦もそこへ行きたいと常々思っているということで
「今度一緒に行きましょう!」
なんて話したことは、過去にあった。
私としてもリップサービスという気はなく、
行かれる物なら行きたいなぁ、と思っていたので
そのお誘いは決して悪いことではない。

それで。

夫は
「不妊治療しているからって断ろうと思う」
と言う。

経済的な問題が大きいので断る、という選択はあって当然なのだが
その理由、言わないとだめ?
夫としては、きちんと正当な理由でお断りをしたい、と考えているのだと思う。
忙しいから、とか漠然とお金がないから、という
あいまいな感じでは断れないらしい。
私としては、あんまり言ってほしくないなぁ、というのが本音で
その旨は夫に伝えたのだが、それからこの話は中途半端なまま終わった。

私自身がその知人の方については詳しく知らないので、
あまり不妊治療している事実を知らせてほしくないのだと思う。

この日記を書きながら、考えていたが、
私自身の友人で、信頼のおける何人かには治療の事実を話しているが
夫に許可は得ていないなぁ、と思った。
夫から「言わないで」と言われたこともないし、
そもそも「○○さんに治療をしているんだって言うよ」という
許可を得たことはない。
実は夫も嫌だったかも…と省みる。
私の友人とは言え、夫にとっては「あんまり知らない人」だもんなぁ…。

そもそもなんで嫌なんだろう?

不妊治療自体は悪いことをしている訳ではないが、
やっぱり気を使われたりするのが嫌だったり、
「憐れまれている」と妄想してしまったり、
どうしてもネガティブな感情がちくちくと刺激されるからかと自己分析。

夫とその辺について、お互いに確認しておくことにしよう。

それにしても
私だって海外旅行は行きたいのはやまやまです(T△T)

拍手[6回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png

なんとはなしに自分の日記で読み返し、
初めてKLCに行った時の様子を思い出した。

あの時は希望に満ち溢れていたなぁ…としみじみ…。

今が絶望しているという訳ではないのだけれど
KLCに関しては、どうあがいてもあと1回というリミットがあるため
崖っぷちに立っている感が否めないのである。
あの時は
「もう体外受精に進んだのだから妊娠できるはず!」
と思っていたものだし。
そう易々と物事は運ばない。

先日生理が来たが、なんとなく量が少ないように感じ、
なおかつ、やたら体が熱いように感じ、
はたまた、胃も痛いかも…と思い、
「万が一ってこともある。
 ましてや子宮外なんてことがあったらやばい」
なんて思って、
虎の子の妊娠検査薬を一本使ってみた。

まぁ、真っ白。

心配性極まれり。
我ながらシラケる。
私の尿で妊娠検査薬を反応させる日は来るのだろうか…。

今期から、極力お酒を控えるようにした。

元々毎日晩酌をするタイプではないのだが、
夫がランチタイムに普通にお酒を飲むタイプの人間なので
それに付き合って一緒に飲んでいたが
夫と二人だけのときには基本飲まないようにしようと思う。
極力とか基本とか言い訳がましく言っているのは
私が不妊治療をしていることをしらない第三者への説明が面倒だから
どうしても断れない場合を除く…ということだ。
それでも最初の一杯だけ…、あとはノンアルコール…というように
全体的に酒量は減らしていきたいと思う。

お酒を控えることについては
第三者への説明が面倒…というのもそうだけど
これまで普通に飲んでいた私が飲まなくなったことで
「もしかして妊娠???」
って思われるのが嫌だ…というのが一番かもしれない。
「妊娠してないのに妊娠していると思われる」というのが辛いのだと思う。

まぁ、体よくダイエットにもなるし、
健康に気を使い始めた年女ってことにしておこう。
うん。

拍手[4回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
とほほ…な日記を書いたせいかどうかはわからないが
生理が来た。
28日周期で言えば、一日遅れで。
先月もそんな感じだったから
もはや、私は28日周期ではない、のだろう。
誤差の範囲内だけどもね…。

やはり色々考える。

芸能人の妊娠出産ニュースが多いけど
身の回りにも多いし
自分もその波に乗りたいのに乗れずに
そのままざっぱーんと波をかぶっておぼれている感じ。
苦しいわ、そりゃ。

その波に乗れている人と私は何が違うのだろうか。

中々授かれない人にとっては
ぽんぽん授かる人との違いというのは
本当にもう、謎。
謎でしかない。

不妊治療にお金をかければかけただけ
チャンスは増えるだろうけど、確実ではないし、
若ければいいのかと言えば、そういう訳でもないし、
もう取り返しのつかない所で
何というかこう、勝負は決まってしまっていたのかも知らん、
なんて思ったり。

ストレスフルな生活をしていても妊娠する人、
喫煙が常習でも妊娠する人、
毎晩のように晩酌していても妊娠する人、
セックス頻度が多くなくても妊娠する人、
年齢が高くても妊娠する人、
太っていても(痩せていても)妊娠する人、
特に望んでいなくても妊娠する人…。

彼女たちと私を分かつものは何なのだろうか。

気の持ち様かしら…。
ねぇ…?
波に飲まれ続けてる訳にはいかないのだが…。

拍手[12回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
ある日の朝、夫が起きてきて言った。

「○○さんち、二人目ができたんだって」

おめでたいね、と言ったものの、
つい、ホロッとほおを伝うものが…。
あらららら。

その○○さんちの奥様は夫と同い年なので今年40歳。
一人目のお子さんは現在2歳なので
一人目出産の時点ですでに高齢出産扱いだし、
今の自分よりも年上である。

特に不妊治療などはしていない、と思う。

ここで

「自分より年上の人だって妊娠出産してるんだから、
 私だって、まだまだ大丈夫!!!」

ってポジティブに思えればいいんだけど

「自分より年上の人ですら妊娠出産できているのに
 私ときたら…とほほ…」

と思ってしまうネガティブな私…。
生理前だし、ついほろりと来てしまったのは
PMSのせい、という所であろうか。

とほほ…。

拍手[4回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
タイトル通りなんですが
文字通り、背筋を伸ばして生活しております。

鍼灸院に通い出してから、
そこまで意識していなかった「姿勢の悪さ」というものに
悪戦苦闘している。

どうやら首がものすごく固いらしい。

「らしい」と他人事のように言うのは
私にはあまり自覚症状がないからなのだ。
首が凝って痛いとか重いとか、そういうのがないので

「めちゃくちゃ固いです」

と言われて

「え?そうなの?」

という状態。
ここ数か月、毎度毎度、首の固さを指摘される。
首の筋が常に緊張している状態とも言われた。

そんな訳で、地道にできることからシリーズ(?)で
猫背を直そう、とがんばっている。
がんばっている…とは言っても、はた目から見る分には
がんばっている様子と言うのはわかりづらいと思われる…。

これまで自然にと言うか、普通にしている分には
肩が少し前に出て、顎も前に突き出してしまい、
横から見た時に、耳が肩よりも前にある、という状態。
それを耳が肩とそろう感じに背筋を伸ばす…という風に改善をしたいのだ。

↓こんな感じに。


一応、念のため、言うが耳から血を流している訳ではない。
耳の位置をわかりやすく見せるためのラインである。

ともかく、「良」の姿勢をキープできるよう、地道な努力。

首は女性ホルモンを促すための脳からの指令が通る道筋。
子宮をふっくらさせるために
首を何とかしなければならない…という次第なのだ。

そんな訳で、今も背筋を伸ばしてパソコンに向かっている。

気を抜くと猫背になる…。
気を付けなければ…。

拍手[3回]

entry_bottom_w.png
<< 前のページ 次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
Y
性別:
女性
自己紹介:
1979年(昭和54年)生まれ
B型
東京都
家族:夫(4つ上)
仕事:なし・たまに家業手伝い
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ランキング参加中
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
本棚
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
忍者カウンター
plugin_bottom_w.png
Copyright もう後がない、とは思わない by Y All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]