忍者ブログ

もう後がない、とは思わない

不妊治療中の身の上を、自己を顧みるため、および、黒い気持ちを整理するため…とかなんとかいいながら、たぶん日常的なくだらぬこともつらつら書いていこうと試みる次第

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
先日生理が来たのでKLCに行ってきた。

結論から言うと、
今回もやはり胚盤胞移植を目指すことになった。

前回の日記で書いていた通り、
KLCの医師に真っ向から否定されたのだった。
初めて診ていただく男性の先生で比較的若そうな印象ではあった。
悪い先生ではないんだろうけど
忙しさもあって結構まくしたてるように話す先生で
新鮮胚ではなく胚盤胞!ということを
説得と言うか説教されたみたいになってしまった…。
向こうはお仕事で、プロフェッショナルで、
真摯に向き合ってくださった結果のお言葉だというのはわかっているが
怒られたみたいで涙目になってしまった。

「正直あなたが45歳とか46歳であれば
 どちらでも妊娠する可能性は低いので
 お好きにどうぞとなりますが
 あなたは36歳です。
 まだいい卵が取れる可能性はあるんです!」

そんな風に言われて(ほかにも色々言われたが)
頑なに「いいや、それでも新鮮胚を!」ということは言えず
先生の、というかKLCの治療方針に従うことにした。

ちょっぴり凹んで家に帰って
夫に事の顛末を話し、ちょっとすっきりして
一人になって、色々思い起こす。

要するに「信用しろ」ってことなのか、と。

不妊治療を始めて数年経った。
まだまだ認識不足なことはたくさんあるし
だからこそ病院に足を運ぶわけだけれども…。
過去これまで3回KLCで採卵し、1回移植したが、
今回初めて、KLCという病院を選んだことの重大さというか
貴重さに気が付いたような気がした。

今更かよ。

そうやって自嘲気味につぶやいてみる。
でも、より一層頑張る理由ができた。

がんばります。

拍手[3回]

PR
entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
周期28日目。
予定では明日に生理が来ることになっているが
多分、1日2日位はずれるんだろうけども…。

鍼灸院に予約を取る時(ネット予約するのだが)
「今回生理が来たら体外受精の通院を再開します」
と書いた。
それによって鍼灸に通うスケジュールも変わってくるだろうから
そのために前もって宣言しておいた。
一応、今度伺った時にもう一度どういうタイミングで通院すべきか
確認しておこうと思う。

最後の一回。

心のどこかで楽天的に考えている自分もいるし
悲壮感いっぱいの自分もいて、ちょっと二律背反。
今はどちらかというと楽天派が勝っている。

「最後の一回でできるんじゃないかな」
「体外受精がだめだったとしても自然妊娠したりして」

となんともお気楽な思考だ。
そううまくことが運べばここまで来てないのに…。

それと、夫にはまだ話していないのだが
私は今回は新鮮胚移植を希望したいと思う。
胚盤胞まで育たなかった過去2回の苦い経験がそうさせる。
当然、胚盤胞のが着床率が高いのは承知しているが
そもそも育たないと!というのがあるし…。
最後くらいは自分のおなかの中で卵がどうなるのか見届けたい。

って加藤さんとこで話したら否定されたりして…という心配もある。

それ以前の問題で、
採卵できるのか、受精するのか、分割するのか…という
越えねばならぬハードルはいくつもあるので
高校野球よろしく
1回戦突破…2回戦突破…3回戦突破…とがんばりたいと思う。
めざせ甲子園…。

拍手[3回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
本日は伊藤病院へ。
到着して受付したのは6時59分。
例によって1時間以上待ってから採血開始。

前回、チラーヂンがなくなって、
しばらく服用しないまま病院にいったら
甲状腺刺激ホルモン(TSH)の値が高くなってしまったのだが
今回はきちんと(というか当たり前なんだが)
薬がなくなる前に行ったので、数値は下がってた。
ということで、チラーヂンの服用量が減った。
これまでは50μgと25μgの2錠を服用したいたのだが、
25→12.5μgに変わって、
合計62.5μgの服用になった(細かい)

これで次、生理が来たら、
加藤さん復活できるはず…。
夫がフレッシュに拘るので、夫のスケジュール次第だが
どうなる事やら…。

伊藤病院に関しては、これも例によって
「心拍確認できたら、もしくは3カ月後に来てください」
とのこと。
ここの先生ともう一度会う機会があるといいのだが。

今日は都内も猛暑日となったようだが
体温調整が難しい。
暑すぎて汗をかきたくはないが
冷やしすぎは妊活にはNGだし。
伊藤病院はエアコンが効いてて
肌寒かったから途中ストールを巻いてた。
出がけに「一応持っていくか」程度だったので
本当に持って行ってよかった。
電車も、駅のホームで待っている分には暑くて暑くて
早く涼しい電車の中に入りたいと思うのだけれども
落ち着いて汗が乾いてしまうとちょっとした冷蔵庫状態になる。

これからの季節はストールが手放せない感じだな…。

拍手[2回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
先日、バイトをしてみようと履歴書を送った話を書いた。

履歴書を送る際に、一次選考の結果の通知用封筒を同封するのを忘れ
慌ててあとから送りなおしたので、

「やっちまったな!」

とクールポコばりに思っていたのだが(微妙な古さ…)
その後、なんと一次選考は通過した。
いついつに面接に来てくださいという旨の書類が
例の後から送りなおした通知用封筒に入って返ってきた。

結論から言うと、面接は通過できなかったのだが…(笑)

一人しか採用されないということだったし、
まぁ、元々ダメ元だったので、致し方なし。
恐らく、「絶対採用されたい!」という気力も足りなかったように思う。
と言うのも、面接に向かう道すがら

「来周期、通院再開するとかなんとか
 夫と検討してたけど
 もし採用されたら、どうしたらいいんだ?」

とか、至極当然な疑問が沸いてきたのだった。
履歴書を送った時点で、その疑問には気づけよって話なのだが
一次選考通過するとは正直思ってなかった…という
なんとも考えなしで馬鹿なお話である。

やっぱり仕事をする際には
不妊治療にきちんと区切りをつけてからにしよう…。
そうしないと、何事も中途半端になってしまうからね。
仕事するんだったらきっちりやりたいし、
治療するんだったらストレスなくやりたいし、
最後の治療なんだから、後悔が残ってはいけないし。

仕事と治療を両立している人はほんと尊敬するわ…。

拍手[3回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
期待していたものの、生理が来ました。
ちぇっ。
残念。

毎月毎月、ここしばらく
必ず周期の30日目に生理がやってくる。
先月も先々月も。

今月の30日目。
当日はさほどおなかに重たさを感じなかったのだが
夜になるとちくちく痛くなってきた。
トイレに行けば、出血を確認。
鳴呼…。
鍼灸院でも「生理来ないといいですねぇ」なんて話をしていたが
あいにく来てしまいましたよ、鍼灸院の先生よ…。

30日目の壁を乗り越えられない。

この壁は気づくと目の前にあって、
それまで壁はないものと思って歩いているので
思いっきり激突して、そして血が流れる…。
ひとしきり血を流し終わって、
歩き出したら、またその壁の存在を忘れて
ひたすら前進前進…。

次こそ壁を乗り越えて先に進めますように。

拍手[2回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
生理前は検索魔と化す。

ちょっとした体の変化を
「これは妊娠”超”初期症状なんじゃないのか?!」
という期待を込めてキーボードをたたく。

「妊活あるある」だと思う。

今、まさにそんな感じ。

ここ数か月はそうでもなかったんだけど
(期待をしていない訳ではなかったが…)
今回ばかりはついつい検索してしまう。
これまで経験したことのない体の変化に襲われている。



痒い…。



そう。
痒いのだ。
どこがって…。



乳首が…!



いつからだったからはっきり覚えていないが
ここ一週間以内だったのは間違いない。
先週はかゆくなかったから。
左の乳首だけがやたらめったら痒い。
場所が場所だけにバリバリかけないから辛い。
家では我慢できず服の上からゴシゴシこする。
しかし、ゴシゴシしすぎると痛くなりそうで怖い。
でも痒い。
この繰り返しである。

ただのPMSである可能性も高いけれども、
こんな乳首は初めて。
やっぱりちょっと期待してしまうじゃないか。

乳首だけでなく、下着の締め付けの部分も痒い。
妊娠性掻痒とかいうのがあるらしいので、
私ってばそれなんじゃない?なんて
これもまたやっぱり期待してしまう…。
って言っても、夏だし、
汗と反応してアレルギーみたいになってるだけの可能性も高い。

それでも
生理前は検索魔と化す。
都合のいい情報だけ拾いがち。

これも、「あるある」。

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
久々に履歴書と言うものを書いた。

しかも手書きで。

悪筆がつらい今日この頃。

履歴書と言うからには就職活動だ。
就職活動と言ってもアルバイトだけれども…。
たまたまネットで自分が興味関心を持っている分野の求人を見つけ
短期(長くても半年)だし、
日給も高すぎない(所得税や住民税の控除枠を超えないようにしたい)し、
こういうのはめぐりあいだと思って応募してみた。

恐らく、その求人はそこそこ競争率が高そう。
興味関心を持っている程度の私よりも
その職種の経験者がわんさか応募してきそうな感じがするので
若干、ダメ元で…という状況である。

なおかつ。

履歴書を郵送するのに、
一次合否結果連絡用の返送用封筒を同封するように指示があったのに
入れ忘れるという大失態を犯す…。

ダメ元どころか、これではダメだ。
ダメダメだ…。

私が採用側だったらマイナスポイントだよ…。
よっぽど経歴がすばらしかったら面接まで通るかもしんないけど…。
ちなみに、返送用封筒は、改めて別送して
先方にはお詫びとその旨の連絡を入れておいた。
そもそもまだ応募締切前だったのが幸いである…。

今は鍼灸院に通っているが、大体木曜日に通っている。
万が一、採用されたとしても
平日よりも土日が忙しそうな職場なので
平日の一日位はなんとかなるんじゃないかなぁ…と淡い期待も抱いていたりする。

まず面接に進めるかどうかなのだが、結果は7月にならないとわからない。

履歴書を提出したのをきっかけに、
色々な求人募集をネットで見るようになった。
前職の経験を活かせそうな仕事が割と見つかる。
それでいて、シフトに自由が効きそうな感じのものも多数。
新しい環境というのは不安半分楽しみ半分。
求人募集を見ているだけで、ちょっとドキドキしてしまう。

何はともあれ、7月だ。

それまでに「働こう」という心の火が消えないといいのだが…(え?)

拍手[0回]

entry_bottom_w.png
<< 前のページ 次のページ >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
Y
性別:
女性
自己紹介:
1979年(昭和54年)生まれ
B型
東京都
家族:夫(4つ上)
仕事:なし・たまに家業手伝い
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ランキング参加中
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
本棚
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
忍者カウンター
plugin_bottom_w.png
Copyright もう後がない、とは思わない by Y All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]