忍者ブログ

もう後がない、とは思わない

不妊治療中の身の上を、自己を顧みるため、および、黒い気持ちを整理するため…とかなんとかいいながら、たぶん日常的なくだらぬこともつらつら書いていこうと試みる次第

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
昨日と今日と、それぞれ久しぶりに会う友人と会ってきた。

今日会った友人は高校の同級生の男の子で
お互いに結婚式にも招待し、招待されし…の間柄である。
その奥様が妊娠中とのおめでたい報告を受ける。
来年の3月位に出産とのことでまだ安定期ではないので
ごく一部の人にちょっとずつお知らせしていこうとしているそうだ。

「実は…今、初めて言うんだけど…」

そんな前置きで、もう、すぐに

「あ、妊娠?」

っていう予知能力(大したことない)が備わっている。

昨夜は女性4人で会食。
私は生まれて初めてノンアルコールビールを飲んだ。
意外とイケた。
私以外の3人は独身で
うち1人は全くの独身。
他の2人はバツがある。

バツがあるうちの1人は今年離婚したばかりで

「実は、離婚しました」

という報告をその場で受けた。
別のルートから「別居しているらしい」と言う話は聞いていたので
大して驚きはしなかった。
話の中で、離婚した友人たちは「でも結婚したい」と言っており
また、「親は孫の顔を見たいんだと思う」という話にもなる。

「Yの家はどうなの?」

うちは、子供は欲しいんだけど、こればっかりはねぇ。
中々、生殖活動ばかりは努力ではどうにもできないし…。
なんてことを言ったら

「それはすごいいいことだ!
 生殖活動してるんでしょ!
 そういうのがない夫婦だっているし
 夫婦二人ともがそういう気持ちだっていうのは奇跡だよ!
 大丈夫!
 子供出来るよ!
 もしできなくてもあなたたち夫婦は大丈夫!」

と力強く言われた。
若干酔っぱらっているから仕方ないけど声がでかい(笑)

その彼女には不妊治療をしているとは伝えていないから
「生殖活動=セックス」ととらえているとなると
もはや体外受精にステップアップしている私たちは
いわゆる「生殖活動」から離れてしまっているのだけれども
それはまぁ、置いておこう。

もしできなくても、大丈夫。

「できない」という可能性は今のところはあまり考えたくはないけれども
いつかは考えざるを得ないこと。
それでも「大丈夫」と太鼓判を押されたので。
私たち夫婦は、きっと楽しい老後を送れると思う。
そんな後押しのようなものも感じた夜だった。

拍手[4回]

PR
entry_bottom_w.png
この記事にコメントする
お名前 
タイトル 
メールアドレス 
URL 
コメント 
パスワード 
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
Y
性別:
女性
自己紹介:
1979年(昭和54年)生まれ
B型
東京都
家族:夫(4つ上)
仕事:なし・たまに家業手伝い
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ランキング参加中
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
本棚
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
忍者カウンター
plugin_bottom_w.png
Copyright もう後がない、とは思わない by Y All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]