忍者ブログ

もう後がない、とは思わない

不妊治療中の身の上を、自己を顧みるため、および、黒い気持ちを整理するため…とかなんとかいいながら、たぶん日常的なくだらぬこともつらつら書いていこうと試みる次第

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
一昨日生理が来た。
外出する直前に。
外出中に下着が汚れるとかそういう事態にならなくてよかった…。

本来であれば今日生理3日目だから通院の予定だけれど
「行かなくていいんだぁ…」
と思ってしまった自分。
やっぱり、通院することもストレスだったのだなぁ…と実感。
まぁ、来月は行くけど…。

あと、また例によって「加藤」から手紙が届いたので
お金を振り込みに行かなくては…。
今回は、受精が確認できた翌日には培養中止という言われていたから
前々回の桑実胚まで行った…という時よりも金額が若干安かった。
やっぱり違うのね。
でも、予定していたより安いということなので、ちょっと得した気分。

ところで、先日、生命保険の見直しを行った。

結婚してすぐに加入した保険だったのだが、
母親の知り合いのプランナーさんに勧められるがままに
ドルで積み立てていくタイプの生命保険だった。
結婚した当初は円高。
1ドル70円台のときもあって、日本円にして月1万円前後位で済んだのだが
昨今の円安のために、2万円近くまで上がってきてしまった…。
おのれアベノミクス…(?)と思ったりもした。
仕事を辞めた…という自分自身の変化もあった訳だが
ここで、普通に、円で積立していくタイプに変えて
だいぶ安く抑えることができた。

保険に加入する時、当然発生するのが告知義務。

ここ何か月かの病歴・通院歴なんかを保険会社に告知しなければならない。
どこの病院にいつから通っていて
どんな治療をして
何の薬を服用しているかなどなどなど…。
特定の病気を持っているかどうか、みたいなことも聞かれるが
女性特有の病気の一覧に

「不妊症」

があるのである。
病気かよ…とちょっと暗い気持ちになる。
妊娠することができる、という状態が病気でないのなら
妊娠できない女は病気なのか。

それなら不妊治療、健康保険の適用してくれ。

生命保険とか傷害保険に関しては病気扱いなのに
健康保険に関しては病気じゃないなんて、納得いかない…。
(保険保険って紛らわしいね…)
世間に都合よく病人扱いされたりされなかったりするもんなのね…。

また、母の知り合いであるプランナーさんの
ご子息夫婦も現在不妊治療中とのことだった。
「お金かかるのよねぇ…こないだも息子がお金借りに来たわ。
 お嫁さんはホットヨガに行ってるのよ」なんて話も。
告知義務は保険加入の上で避けがたいことであるが、
不妊治療の治療歴を家族以外の人に知られるのは
やっぱりあまり気持ちのいいものではない。
ただ、上記のような事情もあったし、
私がお世話になった方は、色々汲んでくれるのでありがたかった。

不妊治療中だと、保険加入も簡単には行かない現状。

保険会社によって違ったり、
条件付きで加入できたりする、ということもあるので
一概には言えないけれども、
不妊治療を開始しようとしている人で、
医療保険に入っていない、という人は、
諸々検討されることをお薦めです。

拍手[2回]

PR
entry_bottom_w.png
この記事にコメントする
お名前 
タイトル 
メールアドレス 
URL 
コメント 
パスワード 
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
Y
性別:
女性
自己紹介:
1979年(昭和54年)生まれ
B型
東京都
家族:夫(4つ上)
仕事:なし・たまに家業手伝い
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ランキング参加中
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
本棚
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
忍者カウンター
plugin_bottom_w.png
Copyright もう後がない、とは思わない by Y All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]