忍者ブログ

もう後がない、とは思わない

不妊治療中の身の上を、自己を顧みるため、および、黒い気持ちを整理するため…とかなんとかいいながら、たぶん日常的なくだらぬこともつらつら書いていこうと試みる次第

entry_top_w.png
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

entry_bottom_w.png
entry_top_w.png
今朝、体温は36.5℃台へ低下。
なんとなく下っ腹が痛いような重たいような気もするし、
胸の張りも薄らいできた。

生理が来る準備万端…って感じですかねぇ…。

まぁ、致し方ないです。
土日を挟んでしまうと病院に行くタイミングが狭まってしまうので困りもの。
ただ、私の行っている病院は予約がなくても見てもらえるので助かります。

他の病院のことを知らないので、なんとも言えないのですが、
超有名な不妊治療専門病院とかだと絶対に予約がないと無理とかなんでしょうかね?
でも、卵胞チェックとか生理が来たタイミングでの来院とか、
結構直前にならないとわからないようなことも多いですけど、どうなっているのだろうか…。

もちろん、私の行っている病院でも予約者が優先ですが、
普通に予約をしようと思ってもなかなか取れないので、
1,2時間待つ覚悟で突撃している次第なのですけども…。
京極夏彦の本が好きなので、そんな感じの分厚い本を持って待ち時間を読書タイムに充てます♪
…しかし、京極夏彦って、婦人科の待合室にそぐわない感じですね。

閑話休題。

病院選びですが、私は姉の紹介でその病院に行きました。
一応、ネットの評判とかもちらほら調べましたが、
先生との相性なんかは、やっぱり会ってみないとわからないし。
ちなみに、うちの姉は2児の母ですが、どちらも自然妊娠です。
第2子の時はその病院で人工授精までチャレンジはしていたが、
治療をお休みしていた周期に妊娠した、というよく聞くパターンだったらしい。

それから、家から近い、っていうのも大きかった。
今は退職していますが、
仕事をしながら病院に行くには、遠方の病院っていう選択肢は厳しかった。

そもそも、最初から「ガッツリ不妊治療をお願いします!」っていうよりは

「子供ができないんですけど、何か問題があるんでしょうか?」

って、原因探しのための通院スタートでした。(って大体の方がそうか…)
まぁ、おかげさまで、原因が見つからない訳で、今に至るのですが…。

若いときの自分の意識が高ければ、
結婚前にブライダルチェックとかに行くんでしょうけど、
避妊しないでセックスすれば、簡単にできるもんだと思ってたし(汗)

あと、これは深い下調べも何もしていなかったけど幸運だったのは
卵管造影検査が可能な病院だったということ。
私は上記の検査についても何ら問題はなく
「通りがよすぎるくらいだ」と言われたくらいなのですが
(じゃあなんで妊娠しないのだ?という思いはさておき)
小さなクリニックでは卵管造影検査ができる施設が整っていない所もあるらしい。

これからステップアップしていくのかどうかはまだまだ悩み中。

その際に、今の病院にこだわる必要というのもなく、
不妊専門病院への転院も視野に入れて検討していこうとは思っていますが、
なんだかんだ長いお付き合いになってしまった今の先生に
「おめでとう」
と言ってもらいたいという思いから、
引き続き足を運んでしまったりもするかもしれない。

先生と感動を分かち合える日が来るのは、いつの事やら……。

拍手[0回]

PR
entry_bottom_w.png
この記事にコメントする
お名前 
タイトル 
メールアドレス 
URL 
コメント 
パスワード 
plugin_top_w.png
プロフィール
HN:
Y
性別:
女性
自己紹介:
1979年(昭和54年)生まれ
B型
東京都
家族:夫(4つ上)
仕事:なし・たまに家業手伝い
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
ランキング参加中
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
本棚
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
plugin_bottom_w.png
plugin_top_w.png
忍者カウンター
plugin_bottom_w.png
Copyright もう後がない、とは思わない by Y All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]